おすすめ転職エージェント・転職サイト

転職エージェント利用法※併用を伝えるメリット・デメリット

転職エージェント,併用,伝える

今や転職の際に転職エージェントを利用するのは一般的になっていますね。

そして多くの方が転職エージェントを一つに絞るのではなく、複数利用しているかと思います。

では、各転職エージェントの担当者に、「他の転職エージェントも同時に使っている or 使うつもり」ということを打ち明けるべきなのでしょうか?

 

そもそも転職エージェントは複数登録すべきなのか?

転職エージェント,併用,伝える

まずは転職エージェントの併用を伝えるかどうかの前に、そもそも転職エージェントに複数登録するべきかどうかを考えてみましょう。

結論から言えば、一部例外はありますが、転職エージェントは複数登録したほうが良いです。

 

詳しいことはこちらを見て欲しいのですが、

  • たくさんの求人情報(非公開求人を含む)を閲覧できる
  • エージェントのさまざまな意見を聞くことができる
  • 転職サポートを繰り返し受けられる

などのメリットが、複数のエージェントを利用することにはあります。

ただ一部例外と言ったのは、やはりマイナス面もあるからです。

 

複数の転職エージェントに登録すると、それだけスケジュールや情報の管理が大変になるので、転職活動に費やす時間が増えます。

なので、あくまで自分で管理できる数に、とどめておくのが良いですね(オススメは2,3社

(最初に登録するなら大手の、リクルートエージェントDODAマイナビエージェントがいいでしょう)

 

特に今の仕事が忙しくて、あまり転職活動に時間を費やせないという方は、いきなり複数の転職エージェントを利用するのはオススメできません。

まずは一社だけ利用してみて、仕事に余裕が出てきたらもう一社利用してみるほうが、余裕をもって転職活動ができますよ。

転職エージェントの複数登録・応募のメリット・デメリットについてさらに詳しく知りたいた方は、ぜひこちらをご覧下さい。

【注意!】転職エージェントの複数登録・応募のメリット・デメリット転職エージェントを複数利用することについて気になっていますか? 皆さんの中にも「転職エージェントを複数利用する」ケースが出てくるで...

 

転職エージェントを併用していることを伝えるメリット

転職エージェント,併用,伝える

ではいよいよ本題に移りましょう。

各転職エージェントの担当者に、「他の転職エージェントも同時に使っているor使うつもり」ということを打ち明けるべきなのでしょうか?

まずは併用を伝えるメリットからご紹介していきます。

 

【1】スケジュール調整が楽

 

複数の転職エージェントを掛け持ちしていると、面接や選考などの日程が重なる場合があります。

そのような際、担当のキャリアアドバイザーなどに理由を説明し、再度企業と日程を調整したり変更したりしてもらう必要があります。

この時、他社の転職エージェントによる面接や選考があることをキャリアアドバイザーが知っていたほうが、スムーズに話が進みます。

もし打ち明けていないと、ずっと嘘を吐き続けなければならなくなりますよ。

 

【2】担当のキャリアアドバイザーに、良い意味で緊張感を持たせられる

キャリアアドバイザーは、転職志望者を企業へ入社させることを仕事にしています。

転職エージェントは、転職志望者を企業へ入社させることで大きな収入を得ているため、転職エージェントの経営や業績は、キャリアアドバイザーにかかっているとも言えます。

その為、競合他社に転職志望者を取られてしまわないよう、親身に真剣に向き合ってもらいやすいですね。

 

【3】同一求人への応募によるトラブルを回避できる

複数のエージェントを利用していると、別々のエージェントから、同一の求人や企業を紹介される場合があります。

すでに紹介したように、転職エージェントは転職志望者を企業へ入社させることで大きな収入を得ているため、複数の転職エージェントから同じ求人へ応募すると、トラブルになります。

どちらの転職エージェントから応募したかで、企業からの成功報酬がどっちのエージェントに入るか決まってしまいますからね。

こういった揉め事が起こると、転職エージェントからの信頼を失い、以前と同じようなサポートが受けられなくなる可能性があります。

しかし転職エージェントを複数利用していることを事前に伝えておき、「この求人は以前別の転職エージェントで紹介されたので応募できない」と言えば、こういったトラブルを防げますね。

また、別のエージェントでどういった求人が紹介されたかを伝えておけば、エージェントごとで違う求人を紹介してくれるので、紹介案件が重なることもなくなりますよ。

 

転職エージェントを併用していることを伝えるデメリット

転職エージェント,併用,伝える

では続いては、複数の転職エージェントを利用していると伝えた場合に生じる、デメリットについて考えていきます。

最も大きなものは、手を抜かれる可能性があるということです。

メリット【2】で書いたように、転職エージェントは転職志望者を企業へ入社させることで、企業から紹介料を得て成り立っています。

せっかく転職のサポートをしても、競合他社に転職志望者を取られてしまうと、紹介料を手に入れることができません。

 

そのため、

  • 転職エージェントは自社だけを使っているAさん
  • 自社の他にも複数転職エージェントを利用しているBさん

が同じ能力・経歴だったら、ライバル会社に奪われる心配のないAさんにエージェントは力を注ぎます。

 

転職エージェントはボランティアではないので、自社から転職しない可能性がある転職志望者に関しては、手を抜く可能性も否定はできないでしょう。

もしあなたが今利用しているエージェントや担当のアドバイザーがすごく気に入っていて、今後も同じサポートを受けたいと思うなら、

 

転職エージェントの併用を打ち明けるべきか?

転職エージェント,併用,伝える

それでは最後に、ここまでのメリット・デメリットを比較して、転職エージェントを併用していることを打ち明けるべきかどうか、まとめていきます。

結論から言えば、複数の転職エージェントを利用していることは、各転職エージェントに、打ち明けたほうが良いです。

 

親身に接してくれているキャリアアドバイザーに、「実はあなたの所の他にもエージェントを利用しているんです」と打ち明けるのは、なんだか一途じゃないあ感じがして、申し訳なさを感じるかもしれません。

しかし、上記でも触れたように、転職エージェントを複数利用することは、一般的なことになりつつあります。

 

転職エージェント側も、そのような利用者の傾向は把握しており、最初のキャリア面談で「弊社以外にも利用している転職エージェントはございませんか?」と向こうから聞いてくる場合もあります。

エージェントの方も利用者が他の転職エージェントを使っているか把握しておくと、メリット【3】で紹介したようなことを未然に防げますしね。

 

ですので、複数の転職エージェントを活用していることを伝えることは、決して失礼なことではありませんよ。

しかし、併用していることを伝えるのは、手を抜かれる可能性があるというデメリットもあります。

 

ただそんなことを言えば、別のエージェントを利用していると伝えようと伝えまいと、手を抜く転職エージェントやキャリアアドバイザーがいるのも事実です。

逆に併用していると伝えても真摯に向き合ってくれる人だっています。

 

自分にピッタリなエージェントやアドバイザーに出会えるかどうかは運によることが多いので、総合的に考えると伝えたほうがメリットは大きいですね。

[st-kaiwa1]複数登録は遠慮せずできますよ![/st-kaiwa1]

 

おすすめ転職サービス
転職エージェント 転職エージェント

転職エージェントランキング2018

 リクルートエージェント

  • 転職成功実績No.1(2012年株式会社インテージ調べ)
  • 非公開求人が約10万件(2017年5月時点)
  • キャリアアップ・年収upを目指す20代後半~の方におすすめ

DODA(デューダ)

  • DODAは直接応募ができる転職サイト&エージェントサービス両方
  • 80~90%が非公開求人のエージェントサービスは転職満足度No.1
  • 書類選考なしなどプレミアムなDODAスカウトサービスあり

マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム
  • 東京・神奈川・埼玉・千葉の大手企業を網羅、関西圏も強い。
  • 8割が非公開求人でワークライフバランスを重視する企業もある
  • 人事や採用担当と強いパイプがあり、20代~30代におすすめ。

4位 就職shop(リクルート)

  • 第二新卒既卒フリーターの方向けの転職エージェント、利用者はほぼ20代
  • 未経験者の転職支援に強く、書類選考なしの求人もある
  • 登録企業7600社以上すべて訪問取材済、労働環境・雰囲気を調査しているからブラックなし

転職サイトランキング2018

リクナビNEXT

  • リクナビNEXTだけの限定求人が約85%(2015年1月時点)
  • 転職決定数No.1(楽天リサーチ株式会社2015)
  • 転職者の8割が利用、うち半分が「スカウトサービス」を利用

 

キャリコネ

  • 無料登録で企業の口コミと年収情報が見れるサイト
  • 実際の面接レポートがみれる(会員登録後)
  • 大手の転職サイトすべての求人を一括検索可能

 

DODA(デューダ)

  • DODAは直接応募ができる転職サイト&エージェントサービス両方
  • 80~90%が非公開求人のエージェントサービスは転職満足度No.1
  • 書類選考なしなどプレミアムなDODAスカウトサービスあり