おすすめ転職エージェント・転職サイト

転職サイトと転職エージェントの違い※あなたに最適なのはどっち?【メリットデメリット】

転職サイトエージェント違い

転職サイトと転職エージェントの違い

 

「転職サイト」と「転職エージェント」

サービス内容の違いや使いこなし方を知っていますか?

どちらも転職や就職に役に立つサイトには間違いありません。

しかし、どちらのサービスにもメリットデメリットがあります。

それぞれの特徴を知って使いこなすことで、

  • より早く
  • より条件のいい企業に

転職が成功しますよ。

このページでは、転職希望の方に便利なサービス「転職サイト」と「転職エージェント」の違いをはじめ

  • メリットとデメリット
  • おすすめの使い方
  • こんな人はこちらを使うべし!(ケース別使いこなし方)

という内容を紹介しています。

[st-kaiwa1]転職サイトと転職エージェントの違いを知ると有利な転職ができますよ[/st-kaiwa1]

転職サイトとは

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトとは、求人情報がたくさん掲載されているHPです。

会員登録のあと、企業の求人に自分で直接応募できます。

求人雑誌のWEB版のような感じですね。

応募から面接日の調整や、採用された後の手続きなど、転職者自ら行います。

[st-kaiwa1]ちなみに、求人情報が載っているという意味の「求人サイト」は転職サイトと同じ意味で使われています[/st-kaiwa1]

 

転職エージェントとは

転職サイトと転職エージェントの違い

転職エージェントとは、キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザー(CA)と呼ばれる転職のプロが窓口となって、企業と転職者をつないでくれるサービスです。

転職者は企業と直接やりとりせず、キャリアコンサルタントを通して、転職先を探します。

気になる企業の詳細情報はキャリアコンサルタントを通して調べることができ、面接日の調整や入社に至るまでのあらゆることを、サポートしてくれるのが転職エージェントの役割です。

職安の窓口で職員に相談するイメージですね。(職安のもっと詳しい版といった感じです)

 

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントは複数ありますが、どちらも求職者は無料で利用することができます。

どちらも求人を出す企業のほうから費用を頂いて運営しているからです。

つまり、大きな費用をかけている会社ほど、「転職者の採用に積極的」だといえます。

関連記事→企業の求人掲載費からみる、あなたに最もおすすめの転職エージェントはこれ!【転職エージェントの選び方】

2つの大きな違いは、応募する企業探しや応募、面接の段取りを「自分でやるか、プロに任せるか」の違いです。

 

転職サイトは、求人雑誌を見て自分で電話をかけるという、昔からの転職活動がネット上でできるイメージです。

転職エージェントは「転職のプロ」が「転職者をカウンセリグし、キャリア・能力・向いている仕事を分析し、転職を成功させる」という比較的新しいサービスです。

また、転職エージェントは長年のカウンセリング、企業とのつながり、転職成功者から収集した膨大なデータを活かして

  • 「どんな人物が求められているか」
  • 企業に合わせた履歴書・職務経歴書の買い方
  • 「必要な資格・TOEICの点数」
  • 「面接に受かりやすい人の特徴」
  • 「面接でよく聞かれる内容」

など、自分では調べることができない試験対策や、転職ノウハウの全てを利用しながら活動できるのが特徴です。

[st-kaiwa1]転職の成功は第一歩は「相手企業を知ること」です。企業分析からキャリアコンサルタントがサポートしてくれるのが転職エージェントです。[/st-kaiwa1]

 

利用している年齢と特徴

転職サイトは、25歳~40歳前半の方が主に利用しています。

約半数の48%の方が、35歳以上の方です。(※転職サイトリクナビNEXTの会員調べ)

転職サイトは、ある程度自分で転職活動できる方が基本なので、20代前半の方は少な目だと予想できます。

 

転職エージェント「リクルートエージェント」の場合、主な利用者は20代後半~40代です。

年代は転職サイト「リクナビNEXT」と同じですが、転職前の年収が400万円~600万円と比較的高めで、キャリアアップを目的とした転職が多いのが特徴です。

また、意外に多いのが20代前半の利用者です。

20歳~24歳の利用者は約10%をしめており、「はじめての転職で失敗したくない、転職未経験で何からはじめたらいいのかわからない」といった方が注目しているのがわかります。

業種による年収・給料の相場比較など、簡単に調べられるのは転職サイトのほうなので、転職エージェントに登録する方の中にも、重複して転職サイトを利用する方がたくさんいます。

[st-kaiwa1]どちらもメリットがあるので、両方利用している方が多いんですね[/st-kaiwa1]

 

紹介される求人の特徴

掲載されている企業・求人の数は流動的なので一概に比較はできませんが、株式会社リクルートキャリアが運営する「リクナビNEXT(転職サイト)」と「リクルートエージェント(転職エージェント)」を比較してみましょう。

リクナビNEXT 掲載求人数5,000件以上
(2015年1月時点)
うち85%が他社にない求人
リクルート
エージェント
非公開求人数だけで10万件
(2017年5月時点)

業種について

転職サイトと転職エージェントの違い

求人されている業種も時代とともに変わりますが、2017年の傾向を紹介します。

リクナビNEXTで掲載が一番多い業種は、営業・企画・事務職で46.7%をしめています。

次が、

  • サービス・販売職(10.4%)
  • IT・クリエイティブ系(10.4%)

です。

リクルートエージェントで求人されている業種は、

  • 営業職(26.8%)
  • 通信・IT系エンジニア(14.2%)
  • 医療系・薬学系の職種(12.3%)

専門職に強い傾向があります。

[st-kaiwa1]営業職は会社にとって重要な職種なので、どちらも一番多く求人されている点で違いはありません。[/st-kaiwa1]

 

どっちを使う? こんな人はこちら!

はじめての転職なら転職エージェント

転職未経験の方が転職しようとするとき、

  • 何からはじめたらいいか
  • 自分にあった仕事は何なのか
  • 今の会社を辞める段取りはどうすればいいか

など、わからないことだらけのはずです。

また「今の仕事を辞めたいけど、本当に辞めていいのか?もう少し我慢して働いてみるべきなのか」そういった不安があるかもしれません。

辞める前のアドバイスも含めて、相談しながら一緒に歩いてくれるのが、キャリアコンサルタントがいる転職エージェントです。

[st-kaiwa1]転職エージェントに相談したからといって、無理やり転職する方向にもっていかれることはありません。[/st-kaiwa1]

 

時間がない人は転職エージェント

時間がない人には、ズバリ!転職エージェントがおすすめです。

あなたに代わってキャリアコンサルタントが

  • 企業探し
  • 企業調査
  • 面接を日程の調整
  • 採用されるための履歴書・職務経歴書の書き方アドバイス

すべてをやってくれます。

 

積極的に転職活動をしたい人は転職サイトがおすすめ

自分のスキルややりたい仕事を把握していて、好きな時間にどんどん転職活動をしたい方は、転職サイトがおすすめです。

転職サイトは毎週新しい求人が公開されるなど、求人情報の動きが活発です。

自分の希望する業種・職種がハッキリしていて、書類の書き方も慣れている、ある程度転職経験のある方は、転職サイトがおすすめです。

 

年収を上げたい方は転職エージェント

転職で多い目的が

  • キャリアアップ
  • 年収アップ

です。

しかし、自ら応募する場合「給料を○○万円ください!」とは言いにくいですよね。

日本の企業は、ヘッドハンティングでもされない限り、給料の交渉がしにくいのが現状です。

転職エージェントを利用すれば、キャリアコンサルタントに希望の年収・ゆずれない条件を伝えるだけで、ぴったりの企業と引き合わせてくれます。

 

まとめ

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違いを紹介しました。

それぞれ特徴がありますが、登録は無料なので両方チェックしている方が多いです。

両方チェックすることで、転職に役立つコンテンツやメルマガ、最新情報が入手できるメリットがあります。

[st-kaiwa1]転職成功には「情報量の多さ」も重要です[/st-kaiwa1]

 

転職サイト・転職エージェントランキング 2017

おすすめ転職サービス
転職エージェント 転職エージェント

転職エージェントランキング2018

 リクルートエージェント

  • 転職成功実績No.1(2012年株式会社インテージ調べ)
  • 非公開求人が約10万件(2017年5月時点)
  • キャリアアップ・年収upを目指す20代後半~の方におすすめ

DODA(デューダ)

  • DODAは直接応募ができる転職サイト&エージェントサービス両方
  • 80~90%が非公開求人のエージェントサービスは転職満足度No.1
  • 書類選考なしなどプレミアムなDODAスカウトサービスあり

マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム
  • 東京・神奈川・埼玉・千葉の大手企業を網羅、関西圏も強い。
  • 8割が非公開求人でワークライフバランスを重視する企業もある
  • 人事や採用担当と強いパイプがあり、20代~30代におすすめ。

4位 就職shop(リクルート)

  • 第二新卒既卒フリーターの方向けの転職エージェント、利用者はほぼ20代
  • 未経験者の転職支援に強く、書類選考なしの求人もある
  • 登録企業7600社以上すべて訪問取材済、労働環境・雰囲気を調査しているからブラックなし

転職サイトランキング2018

リクナビNEXT

  • リクナビNEXTだけの限定求人が約85%(2015年1月時点)
  • 転職決定数No.1(楽天リサーチ株式会社2015)
  • 転職者の8割が利用、うち半分が「スカウトサービス」を利用

 

キャリコネ

  • 無料登録で企業の口コミと年収情報が見れるサイト
  • 実際の面接レポートがみれる(会員登録後)
  • 大手の転職サイトすべての求人を一括検索可能

 

DODA(デューダ)

  • DODAは直接応募ができる転職サイト&エージェントサービス両方
  • 80~90%が非公開求人のエージェントサービスは転職満足度No.1
  • 書類選考なしなどプレミアムなDODAスカウトサービスあり