みんなの転職・退職実例

地方銀行員の転職先に地元企業の財務事務はオススメ?※26歳男性

地方銀行の転職先として、地元の民間企業の事務はオススメなのでしょうか?

 

[st-kaiwa1]26歳男性の体験談です。[/st-kaiwa1]

 

 

誰でもできる仕事ばかりしていることに疑問を感じ、転職を決意

前職は地方銀行の預金業務でした。

システム化がすすんでおり、通帳も取り扱わずすべてネット上の管理ができる口座がウリで、内部の事務も非常に簡素化されていました。

 

専用の機械に顧客が記入した書類を読み込めば、本部で口座を開設して口座番号を取り、あとは支店のパソコンで顧客と一緒に定期預金や投資信託などに移動させる操作をするのみです。

26歳となり、このままこの会社で簡単な事務しかできない状況で過ごしていていいのか、と思うに至り、転職を決意しました。

 

地方,銀行,転職

 

転職活動の方法は、もっぱらハローワークでの求職相談でした。

前職では地元を離れる転勤を余儀なくされたため、ずっと地元で働くことができる事務を希望して、ハローワークの職員のかたに協力いただき、条件に合う案件を探した続けました。

 

ようやく自分の希望の条件とぴったり合う案件を見つけ、転職活動を終えることができました。

給料は同程度を維持することができました。

 

しかし前職よりは年数を重ねることを重視してくれているので、長く続ければ昇給できるという期待が持てるのが良い点だと感じました。

 

 

新しい会計知識も身につけられ、スキルアップできた!

転職してみて気づいたことは、銀行のすべての事務がとても厳しいものだったのだな、ということです。

机の上に書類を置いて帰るなんてことは考えられないことでした。

 

すべて鍵のかかるキャビネットか金庫にしまい、上司が施錠をチェックする、というのが通常の光景だったので、転職した現場ではファイルを自身の机に置いたままでもそれが普通の状態である、というのが驚きました。

 

最初こそ驚いたものの、すぐに楽なほうに慣れてしまいました。

 

私は転職して良かったと思います。

 

地方,銀行,転職

 

あのまま簡単な事務を続けていても金融知識は広がらなかっただろうし、時間が過ぎるのを席に座ってじっと待つ、というような時間が有るのは苦痛でした。

 

転職先では手書きの書類もたくさんあり、事務が山積みになってしまうこともありますが、新しい会計知識を得ることができ、手を動かすことで仕事をしている充実感も感じることができるようになりました。

 

おすすめ転職サービス
転職エージェント 転職エージェント

転職エージェントランキング2018

 リクルートエージェント

  • 転職成功実績No.1(2012年株式会社インテージ調べ)
  • 非公開求人が約10万件(2017年5月時点)
  • キャリアアップ・年収upを目指す20代後半~の方におすすめ

DODA(デューダ)

  • DODAは直接応募ができる転職サイト&エージェントサービス両方
  • 80~90%が非公開求人のエージェントサービスは転職満足度No.1
  • 書類選考なしなどプレミアムなDODAスカウトサービスあり

マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム
  • 東京・神奈川・埼玉・千葉の大手企業を網羅、関西圏も強い。
  • 8割が非公開求人でワークライフバランスを重視する企業もある
  • 人事や採用担当と強いパイプがあり、20代~30代におすすめ。

4位 就職shop(リクルート)

  • 第二新卒既卒フリーターの方向けの転職エージェント、利用者はほぼ20代
  • 未経験者の転職支援に強く、書類選考なしの求人もある
  • 登録企業7600社以上すべて訪問取材済、労働環境・雰囲気を調査しているからブラックなし

転職サイトランキング2018

リクナビNEXT

  • リクナビNEXTだけの限定求人が約85%(2015年1月時点)
  • 転職決定数No.1(楽天リサーチ株式会社2015)
  • 転職者の8割が利用、うち半分が「スカウトサービス」を利用

 

キャリコネ

  • 無料登録で企業の口コミと年収情報が見れるサイト
  • 実際の面接レポートがみれる(会員登録後)
  • 大手の転職サイトすべての求人を一括検索可能

 

DODA(デューダ)

  • DODAは直接応募ができる転職サイト&エージェントサービス両方
  • 80~90%が非公開求人のエージェントサービスは転職満足度No.1
  • 書類選考なしなどプレミアムなDODAスカウトサービスあり