おすすめ転職エージェント・転職サイト

製造系エンジニアに使って欲しいオススメ転職エージェント2社

メーカー,エンジニア,転職エージェント
製造,エンジニア,転職エージェント

転職エージェントを利用すべきか迷っていますか?

あなたが製造系エンジニアならこのページが役立つと思いますので参考にしてみてください。

 

昨今の転職事情を見ると、多くの人が転職エージェントを利用するようになっています。

例えば転職エージェントの最大手リクルートエージェントでは、2016年の登録者数が約3万2千人と、2011年の約1万7千人と比較して2倍弱まで増加しています。(参照:https://www.recruitcareer.co.jp/business/career_recruiting/agent/)

 

これだけ転職エージェントの利用者数が多いと、転職エージェント自体も年々増加し、全国に約20,000社以上あることがわかっています。

こちらの記事では、そんな数多くある転職エージェントの中から、メーカー系エンジニアのあなたに両方同時に使って欲しい転職エージェントをピックアップし、その使い方と併せて紹介していきます。

なぜこの2社なのか、そしてなぜ同時に使ったほうがいいのか、その理由・サービスの長所短所を説明していきますね。

 

転職エージェントを複数使ったほうがいい理由とは?

製造,エンジニア,転職エージェント

「転職エージェントを複数利用するのは悪い気がする」

そう思う方もいると思いますが、転職エージェントは同時で複数利用したほうが絶対良いです。

人材紹介の最大手リクルートも、転職エージェントを複数利用することを勧めているくらいです。(参考https://recruit-career.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/2752/p/1074/c/1093,1178)

複数利用のメリットとして、

  1. 目的に応じてエージェントを使い分けられる
  2. 応募できる求人が広がる
  3. 様々な視点からアドバイスが受けられる

といったことが挙げられます。

転職エージェントを一社しか使わないと、そのエージェントの質だけであなたの転職活動が決まってしまうため、転職の選択肢を広げるためにも複数の転職エージェントを利用しましょう。

ただし5社も6社も利用すると、スケジュール調整や情報の管理が大変になってしまうので、たくさん利用すればいいというわけでもありません。

そこで当サイトでは、同時に利用する転職エージェントは2社か3社をおすすめしています。

 

オススメ① メイテックネクスト

メーカー,エンジニア,転職エージェント

製造系エンジニアにオススメな転職エージェント1社目は、メイテックネクストです。

日本最初の技術系人材派遣会社メイテックが運営する転職エージェントで、扱う求人は製造業に特化しています。

以下にメーカー系エンジニア目線の、メイテックネクストの長所・短所をまとめてみました。

 

長所

紹介する求人がものづくり系エンジニア専門であり、特に機械系、電気・電子系、組み込みソフト系、IT 系、化学系が豊富に揃えています。

また、キャリアアドバイザーの半数以上がメーカーの技術分野出身で、それぞれ業界・職種ごとに専門が分かれています。

ここにhttps://www.m-next.jp/service/staff/のキャプチャ画像をお願いします。

そのため自分が転職したい業界や職種の経験・知識に長けたキャリアアドバイザーから、信頼できるアドバイス・求人を紹介してもらえるのが、大きなメリットです。

 

短所

短所として、そこまで大手の転職エージェントではないので、扱っている求人数・種類が少ないことが挙げられます。

また、事業所が東京・名古屋・大阪にしかないので、地方在住だと直接面談ができないのもマイナスですね。

ちなみにキャリアアドバイザーとの面談は、電話やメールでもできます。

ただし直接会ったほうが、キャリアアドバイザーとの意思疎通はしやすいので、できれば直に会うことをお勧めします。

メティックエンジニア無料登録はコチラ

 

オススメ② リクルートエージェント

メーカー,エンジニア,転職エージェント

メーカー系エンジニアに使って欲しい転職エージェント2社目は、リクルートエージェントです。

ご存知リクルートグループが運営する転職エージェントで、業界では最大の規模を誇ります。

以下にメーカー系エンジニア目線の、リクルートエージェントの長所・短所をまとめてみました。

 

長所

まず、日本一の転職エージェントであることから、扱う求人数・種類が非常に多いです。

製造業に特化したメイテックネクストと比較してみても、どれだけその数が多いかが分かります。

*2017年12月12日時点。メイテックネクストは電気・電子・半導体分野と機械メカトロ分野の合計

国内企業から外資系・海外企業、現場のエンジニアから年収1000万円を超える管理職クラスの求人まで豊富に取り揃えており、自分のニーズに合った求人に出会える可能性が非常に高いです。

また、メーカーの中でもメイテックネクストにはあまり掲載されていない業界も、リクルートエージェントなら扱っているのも大きなポイントです。(例えば食品・飲料、化粧品、アパレルなど)

そして全国に16もの事業所があり、地方在住でも直接面談がしやすいのもプラスですね。

 

短所

リクルートエージェントに限らず大手転職エージェントが受ける批判の一つに、「担当のキャリアアドバイザーの当たり外れが大きい」というのがあります。

そうなってしまう理由が2つあります。

1つ目は、扱っている求人がかなり多く、利用者もたくさんいるため、担当になったキャリアアドバイザーが同時に複数の利用者を抱えていることはザラにあるから。

そのため、メイテックネクストのような業界専門転職エージェントほど、利用者一人あたりに時間を割けないため、充実して細かい転職サポートは受けられない場合があります。

2つ目は、キャリアアドバイザーの能力差が大きいから。

また、大手の転職エージェントほど、抱えているキャリアアドバイザーの人数も多いため、小規模なエージェントより一人一人の能力差ははっきりと出ます。

そのため、あなたが転職したい業界に詳しくない人・あまり熱心に転職活動のサポートをしてくれない人が担当になることがあります。

リクルートエージェントリクルートエージェント無料登録はコチラ

 

両方使うメリット

製造,エンジニア,転職エージェント

2者の特徴をまとめると、「メイテックネクストは狭くて深い、リクルートエージェントは広くて浅い」。

両社とも利用者にとって長所もあれば、短所もあります。

そこでこれら2つを同時に使うと、互いの長所で互いの短所を補うことができます。

 

例えばリクルートエージェントから、ある非公開求人を紹介されたとします。

この求人はリクルートエージェントでしか扱ってなく、メイテックネクストでは紹介されてないものでした。

ただその求人内容や企業が本当に入社して大丈夫なものかどうか、ちょっと不安になってしまいます。

担当のキャリアアドバイザーは、まだ大学を出たばかりの20代の人で、ちょっと経験不足が否めない。

この時、メイテックネクストのキャリアアドバイザーに、リクルートエージェントから紹介された求人を相談してみてください。

 

業界専門のメイテックネクストの方が、大手総合系のリクルートエージェントより業界に詳しいことはよくあるので、リクルートエージェントに聞くよりも、より信頼できる答えが得られます。

ひょっとすると、応募書類の書き方・面接対策までしてくれるかもしれませんし、同じ求人でより良い条件のものを持っていることだってあります。

このようにリクルートエージェントの長所がメイテックネクストの短所を、メイテックネクストの長所がリクルートエージェントの長所を補うことができます。

こういった複数の転職エージェントを利用する際のポイントは、それぞれの転職エージェントに同時に利用している別のエージェントの名前と転職の進行状況を伝えること。

転職エージェント側も、あなたの転職の進み具合をきちんと把握しておいたほうが、より良いサポートができますので。

複数の転職エージェントを上手に使いこなすことで、あなたのキャリアはもっと広がりますよ。

メティックエンジニアはこちら

リクルートエージェントリクルートエージェントはこちら

おすすめ転職サービス
転職エージェント 転職エージェント

転職エージェントランキング2018

 リクルートエージェント

  • 転職成功実績No.1(2012年株式会社インテージ調べ)
  • 非公開求人が約10万件(2017年5月時点)
  • キャリアアップ・年収upを目指す20代後半~の方におすすめ

DODA(デューダ)

  • DODAは直接応募ができる転職サイト&エージェントサービス両方
  • 80~90%が非公開求人のエージェントサービスは転職満足度No.1
  • 書類選考なしなどプレミアムなDODAスカウトサービスあり

マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム
  • 東京・神奈川・埼玉・千葉の大手企業を網羅、関西圏も強い。
  • 8割が非公開求人でワークライフバランスを重視する企業もある
  • 人事や採用担当と強いパイプがあり、20代~30代におすすめ。

4位 就職shop(リクルート)

  • 第二新卒既卒フリーターの方向けの転職エージェント、利用者はほぼ20代
  • 未経験者の転職支援に強く、書類選考なしの求人もある
  • 登録企業7600社以上すべて訪問取材済、労働環境・雰囲気を調査しているからブラックなし

転職サイトランキング2018

リクナビNEXT

  • リクナビNEXTだけの限定求人が約85%(2015年1月時点)
  • 転職決定数No.1(楽天リサーチ株式会社2015)
  • 転職者の8割が利用、うち半分が「スカウトサービス」を利用

 

キャリコネ

  • 無料登録で企業の口コミと年収情報が見れるサイト
  • 実際の面接レポートがみれる(会員登録後)
  • 大手の転職サイトすべての求人を一括検索可能

 

DODA(デューダ)

  • DODAは直接応募ができる転職サイト&エージェントサービス両方
  • 80~90%が非公開求人のエージェントサービスは転職満足度No.1
  • 書類選考なしなどプレミアムなDODAスカウトサービスあり