新卒・第二新卒

留学→就職浪人が語る、既卒者にオススメな就活エージェント比較ランキング

就活浪人

あなたは現在就活浪人ですか?

もしくは就活浪人という選択肢を考えていませんか?

 

似たような言葉に「就活留年」がありますが、これら2つの違いは「卒業しているか、していないか」です。

大学を卒業して就職活動を続けるのが就活浪人、大学に在籍したまま続けるのが就活留年です。

 

まだ学生として扱われる就活留年は新卒枠を利用できますが、既卒として扱われる就活浪人は新卒枠を利用できません。

そのため一年目よりも就活がかなり難しくなります。

こちらの記事では、そんな不利な立場になってしまった元就職浪人生が、不利な立場を逆転させ、無事に内定を獲得した、合格体験談をご紹介します。

 

就活浪人になったきっかけ

就活浪人

就活浪人になった直接のきっかけは、アメリカ留学です。

3年生の9月に渡航し、1年後の4年生の8月に帰国しました。

せっかく大学に入ったんだから英語くらい話せるようになりたいとか、理由をつけて家族に無理を言って留学させてもらいました。

 

留学前は、留学の時期が完全に就活の準備と完全に重なっていましたが、帰国後でもなんとかなるだろうと呑気に構えていました。

じゃあ留学中に一生懸命勉強したかというと、そんなこともなく、授業はギリギリ単位を落とさないくらいに手を抜き、毎日日本人の友達と遊んでました。

そのため留学して得たものといえば、ちょっとした日常会話レベルの英会話ができるようになったことくらいです。

今思えば自分の甘さが恥ずかしいです。。。

 

帰国後、周りの友達がとっくに内定が貰えてる中、かなり遅めの就活を始めました。

でもこれが中々上手くいかない。

 

大企業を始めとした人気企業はほとんど埋まってるし、何より困ったのが自己PRができないこと。

留学したにも関わらずTOEICは自慢できるような点数ではないし、かといって英語以外に自分の強みがあるわけでもない。

ただでさえ、残ってる求人数は少ないのに、応募してもしても書類選考か面接で落ちまくる日々。

 

そして、年が明けて2月頃卒業を間近に控える中、両親に「就職先は決まってないけど、とりあえず卒業する。卒業後も就活する」と伝えました。

就活留年を頼まなかったのは、留学の費用を出してもらったこともあり、これ以上負担をかけたくないと思ったからです。

 

就活浪人で苦労したこと

就活浪人

就職浪人になって、もう一年就活をやると決意したものの、やはり新卒にはない就活浪人特有の壁が待っていました。

私の経験上、以下の5つです。

  • 新卒枠には応募できない
  • 面接官のイメージダウン
  • 大学のキャリアセンターからの支援が受けられない
  • 周りに就活仲間がいない
  • 親への後ろめたさ

どれも新卒で受かっていればしなくていい苦労で、自業自得と言えばそうなのですが、やはり辛かったですね。

就活浪人は、「孤独と情報不足との戦い」だと思います。

すでに社会人になって働いている同級生を羨ましいと思いながら、一人で何とかやっていたのですが、1ヶ月ほどで「俺一生フリーターかニートなんじゃないかな」と、どんどん腐っていきました。

 

就活浪人が就活を成功させるには?

就活浪人

そんな中、就活の情報収集がてらネットを見ていると、就活エージェントというサービスを見つけました。

就活エージェントとは、新卒に限らず、就職活動をしている求職者を対象とした、求人紹介・就職支援業です。

これは言ってみれば、大学のキャリアセンターとハローワークを足して2で割ったようなサービスですね。

会員登録後、専属のアドバイザーが付き、後日アドバイザーとの面談があります。

面談では自分の希望職種を話し、それに見合った求人をいくつかアドバイザーから紹介され、その中で気にいった求人に応募するという流れになります。

エージェントから紹介される企業は、始めて見る企業が多かったですが、そこはアドバイザーからの丁寧な説明があります。

「この会社ちょっといいかも。」と思えるような、優良企業にいくつか出会うことができました。

これだけだとハローワークとの違いがありませんが、就活エージェントにはもう一つ「求職者への手厚い就職支援」というサービスがあります。

こちらが頼めば

  • 就活対策の指導やキャリア相談
  • 履歴書・ESの添削
  • 模擬面接などの面接対策

といった就活サポートが、全て無料で利用することができます。

エージェントからのアドバイスで特に良かったのは、「学校卒業後3年以内なら新卒枠で採用してくれる企業もあるから、まだ新卒で入社できる可能性もありますよ」でした。

おかげで、「就活浪人の自分にもまだ新卒への思いを諦めないでいいんだ」と、より一層就活を頑張ろうと思えました。

就活エージェントでお世話になったアドバイザーさんや、同じ時期に頑張った就活仲間とは、今でも交流があります。

私が実際に利用して良かった就活エージェントを1位から並べると、

1位:就職Shop

 

2位:ハタラクティブ

 

 

 

3位:第二新卒エージェントneo

 

就活浪人にありがちな、「孤独」と情報不足」という問題を解決するのに、就活エージェントというサービスは、めちゃくちゃ頼もしい味方だと言えます!

 

元就職浪人が就活生に伝えたいこと

就活浪人

私は現在無事にとある中小企業で正社員となり、同級生に半年ほど遅れて社会人になりました。

そんな私の経験で、現在就活中の学生さん、特に私のように就活浪人になってしまった人に役立つアドバイスがあるとすれば、

一番大事なのは、

「一人にならない」こと

ですね。

 

現役の時も、就活浪人中も、「俺は大学で何してんだ」と本気で悔やみました。

就活中、面接での自己PRを考える際、本気で死ぬほど後悔しました。

しかし就活エージェントのアドバイザーさんや、同じ就活仲間と話しているうちに、だんだん心が軽くなってきました。

 

「終わったことで悔やんでもしょうがねぇな」と割り切れるようになりましたし、「俺よりチャランポランな奴でも就職できるんだ」と安心できたりもしました(笑)

そう思うと、就活にも前向きに取り組めるようになるんですね。

模擬面接の際、「~くん(私の名前)、最近雰囲気良くなったね」とアドバイザーさんに言われたことが、今でも心に残っています。

 

ただでさえ就活浪人は、一人ぼっちで、何をしたらいいか分からなくなります。

自分から引きこもっても、ロクなことはありません。

私は就活エージェントを利用しましたが、もし今就活に悩んでいるのなら、勇気を出して誰かに頼ってみてください!

 

 

おすすめ転職サービス
転職エージェント 転職エージェント

転職エージェントランキング2018

 リクルートエージェント

  • 転職成功実績No.1(2012年株式会社インテージ調べ)
  • 非公開求人が約10万件(2017年5月時点)
  • キャリアアップ・年収upを目指す20代後半~の方におすすめ

DODA(デューダ)

  • DODAは直接応募ができる転職サイト&エージェントサービス両方
  • 80~90%が非公開求人のエージェントサービスは転職満足度No.1
  • 書類選考なしなどプレミアムなDODAスカウトサービスあり

マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム
  • 東京・神奈川・埼玉・千葉の大手企業を網羅、関西圏も強い。
  • 8割が非公開求人でワークライフバランスを重視する企業もある
  • 人事や採用担当と強いパイプがあり、20代~30代におすすめ。

4位 就職shop(リクルート)

  • 第二新卒既卒フリーターの方向けの転職エージェント、利用者はほぼ20代
  • 未経験者の転職支援に強く、書類選考なしの求人もある
  • 登録企業7600社以上すべて訪問取材済、労働環境・雰囲気を調査しているからブラックなし

転職サイトランキング2018

リクナビNEXT

  • リクナビNEXTだけの限定求人が約85%(2015年1月時点)
  • 転職決定数No.1(楽天リサーチ株式会社2015)
  • 転職者の8割が利用、うち半分が「スカウトサービス」を利用

 

キャリコネ

  • 無料登録で企業の口コミと年収情報が見れるサイト
  • 実際の面接レポートがみれる(会員登録後)
  • 大手の転職サイトすべての求人を一括検索可能

 

DODA(デューダ)

  • DODAは直接応募ができる転職サイト&エージェントサービス両方
  • 80~90%が非公開求人のエージェントサービスは転職満足度No.1
  • 書類選考なしなどプレミアムなDODAスカウトサービスあり