コラム・ニュース

Uber Eats (ウーバーイーツ)の配達パートナーになるには?登録方法

Uber Eats (ウーバーイーツ)の配達パートナーになりたいと考えていますか?

このページでは今人気の仕事「Uber Eats (ウーバーイーツ)の配達パートナー」の登録方法を紹介しますね。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集
Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eats (ウーバーイーツ)とは?

Uber Eats (ウーバーイーツ)とは、海外発のフードデリバリーサービスです。

日本にはいろんな飲食店がありますよね。

Uber Eats (ウーバーイーツ)を使えば、ファーストフードからレストランまで様々なお店のメニューを、スマホから簡単に注文し配達してもらえます。

自宅以外に、オフィスや公園にも配達してもらうことが可能です。

エリアは現在、東京・横浜・川崎・大阪・京都・神戸・名古屋エリアで、継続してサービスの提供エリアが拡張しています。

ユーザーはUber Eats (ウーバーイーツ)で料理を注文しますが、Uber Eats (ウーバーイーツ)が直接配達するのではなく、レストランから配達パートナーが届けるというしくみです。

Uber Eats (ウーバーイーツ)の配達パートナーとは?

Uber Eats (ウーバーイーツ)のフードデリバリーサービスで実際に配達を行う人が、「配達パートナー」です。

全国に拡張中のサービスなので、配達パートナーの募集も拡大しているというわけですね。

配達パートナーのメリット

Uber Eats (ウーバーイーツ)の配達パートナーは、雇用されるのではなく、個人事業主として契約します。

配達パートナーに個人事業主として登録することで、配送料の報酬を受け取ることが可能です。

個人事業主なので、従業員やバイトではありません。

これは、自分で働き方を決めることができるので、時間の制限・制約など決められたシフトはなく、隙間時間を有効活用して配達することができます。

また配送エリア(配達エリア)も自分で決めることができます。

配達パートナーは、Uber Eats (ウーバーイーツ)に個人事業主として登録することで、配送料の報酬を受け取ることが可能です。

配達パートナーの詳細

配達エリア 東京・横浜・川崎・大阪・京都・神戸・名古屋の好きなエリア
時間帯 ※時間帯は都市により異なります。
毎日 09:00〜23:00 の間の好きな時間で、アプリを開いたときのみ、稼働可能です。
ピークタイムは、午前11時〜午後1時のランチタイムと、午後 6〜9 時のディナータイム。
報酬 ※配達ごとに異なります。
受け取り料金+引き渡し料金+距離料金の合計額
※上記に加え、時間やエリアに応じて配 送料に掛けられる倍率「ブースト」、配達回数などの条件を達成すると追加でお支 払される「クエスト」などがあり、楽しく収入を得ることができます

 

配達パートナーに登録できる条件

Uber Eats (ウーバーイーツ)に配達パートナーとして個人事業主登録するには、下記の条件をみたしていないといけません。

・18 歳以上であること。
・自転車、原付バイク、軽貨物車両を運転できること。

※その他、車両によって要件が異なります。詳しくは、公式サイトをご覧ください。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集
Uber Eats 配達パートナー募集

 

おすすめ転職サービス
転職エージェント 転職エージェント

転職エージェントランキング2018

 リクルートエージェント

  • 転職成功実績No.1(2012年株式会社インテージ調べ)
  • 非公開求人が約10万件(2017年5月時点)
  • キャリアアップ・年収upを目指す20代後半~の方におすすめ

DODA(デューダ)

  • DODAは直接応募ができる転職サイト&エージェントサービス両方
  • 80~90%が非公開求人のエージェントサービスは転職満足度No.1
  • 書類選考なしなどプレミアムなDODAスカウトサービスあり

マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム
  • 東京・神奈川・埼玉・千葉の大手企業を網羅、関西圏も強い。
  • 8割が非公開求人でワークライフバランスを重視する企業もある
  • 人事や採用担当と強いパイプがあり、20代~30代におすすめ。

4位 就職shop(リクルート)

  • 第二新卒既卒フリーターの方向けの転職エージェント、利用者はほぼ20代
  • 未経験者の転職支援に強く、書類選考なしの求人もある
  • 登録企業7600社以上すべて訪問取材済、労働環境・雰囲気を調査しているからブラックなし

転職サイトランキング2018

リクナビNEXT

  • リクナビNEXTだけの限定求人が約85%(2015年1月時点)
  • 転職決定数No.1(楽天リサーチ株式会社2015)
  • 転職者の8割が利用、うち半分が「スカウトサービス」を利用

 

キャリコネ

  • 無料登録で企業の口コミと年収情報が見れるサイト
  • 実際の面接レポートがみれる(会員登録後)
  • 大手の転職サイトすべての求人を一括検索可能

 

DODA(デューダ)

  • DODAは直接応募ができる転職サイト&エージェントサービス両方
  • 80~90%が非公開求人のエージェントサービスは転職満足度No.1
  • 書類選考なしなどプレミアムなDODAスカウトサービスあり